極端な言い方をしてしまうと、腰が痛いのは腰が悪いのではなく、ほかの部分が悪いから腰が痛くなった、ということです。
ひざが痛いのをかばって歩いた、足首の捻挫をきちんと治していなかったせいで歩き方にゆがみが生じ、それが腰痛につながった、
こういうケースは驚くほど多いのです。

もちろん、腰そのものを診て「どのように痛みが出ているか」ということは調べますが、治療のために大切なのは、
「今痛みが現れているところ」ではなく、「痛みの原因となる悪いところ」を改善していくことなのです。